ロゴ

ピアノ修理の流れを把握!下調べをしてスムーズに問題解決

ピアノにも様々な種類がある

ピアノの種類は、主にグランドピアノとアップライトピアノの2種類に分けられます。グランドピアノは、演奏会などで使われる大型のピアノで、音が良いと言われています。アップライトピアノは、縦型にコンパクトな形をして、設置場所を広く取らないのが特徴です。

ピアノ修理業者が行なっている人気のサービスランキングベスト5

no.1

第1位 24時間対応サービス

第1位は、ピアノ修理に24時間対応してくれるサービスになります。夜間、ピアノの練習をしていて急にピアノが動かなくなったような場合でも、すぐに駆け付けてくれて修理を行なってもらうことができます。

no.2

第2位 ピアノクリーニング

続いて人気を集めているサービスがピアノクリーニングになりますが、外装の傷の修復を行なったり、ピアノ内部を清掃したりするサービスです。他にも金属部分を磨いたりすることで、新品のような輝きを取り戻すことができます。

no.3

第3位 ピアノ調律

ピアノ調律サービスも人気上位です。ピアノは時間の経過とともに音程が変化しますので、定期的な調律が必要になります。常にベストな状態で演奏するためには、一年に一度はピアノを調律することが勧められています。

no.4

第4位 ピアノ買取サービス

第4位は、使用しなくなったピアノの買取を行なってくれるサービスです。買い取ったピアノをメンテナンスして、比較的安価で販売している修理業者もあります。出張費用や搬送費用が必要になることもあるので、事前に確認が必要です。

no.5

第5位 ピアノ運送サービス

ピアノ運送も大変助かるサービスになっています。引っ越しに伴うピアノの移動や、家の中でピアノを移動させるといった要望に対応しています。ピアノは繊細な楽器なため、注意せずに移動させると音色が変わってしまうこともあるので、業者に依頼した方が良いでしょう。

ピアノ修理は専門業者にお任せ

小さな異物が詰まってピアノの音が出なくなってしまったというような場合なら、自分でも取り出して直すことは可能ですが、基本的にはピアノの構造は非常に複雑です。専門の修理業者に依頼した方がピアノを傷付けたりすることなく確実に直すことができます。

ピアノ修理業者に依頼する時の流れ

電話で問い合わせ

まずは、ピアノ修理業者に電話でピアノの状態を伝えて、修理を依頼します。参考程度に修理費用がどのぐらいかかるかを教えてもらうことができます。この時に修理業者が正式な見積もりのために訪問する日時を決めます。

現地で見積もりしてもらう

買取業者が訪問して、ピアノの状態を確認し、正式な修理費用の見積もりを出してくれます。場合によっては、その場での修理が難しく、工房に搬送して修理をしなければならない場合もあります。

修理を検討する

見積もりを見ながら、修理を依頼するかどうか検討します。修理費用が高額になる場合には、新しいピアノに買い換えることを検討した方が良いこともあります。修理をしない場合でも、見積もり費用がかかることがあるので、確認が必要です。

修理をしてもらう

修理を依頼することにした場合は、日時を決めて修理をしてもらいます。家で修理をしてもらう場合には、修理費用の他に出張費用がかかることがあります。工房に搬送して修理を行なうことになると、搬送費用もかかることがあるでしょう。

支払いを行なう

修理が完了したら、修理費用等の支払いを行ないます。業者によっては、作業の前に支払わなければならないこともあります。また、支払いにクレジットカードを使える場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

ピアノ修理業者を事前に選んでおくと対応しやすい

ピアノ

定期的なメンテナンスの必要性

ピアノは強力な力で弦が張られていますが、時間の経過とともに弦がだんだん緩むために、音程が少しずつ狂っていきます。また、温度と湿度が変化することによって弦が拡張したり収縮したりして音が狂ってくることもありますので、弦の張り具合を正しく整えるためのメンテナンスが必要になります。そのままにしておくと、ピアノの寿命を縮めてしまったり、子供が使用する場合は間違った音感が身に付いてしまうこともありますから、メンテナンスは重要です。

ピアノ修理は早めに行なっておこう

ピアノの不具合をそのままにしておくと、状態がさらに悪化して、修理しようとした時には手遅れになってしまったり、多大な修理費用がかかることもあります。早めに修理すれば、直すのも簡単で費用もそれほどかからない可能性がありますので、鍵盤の動きが鈍いといった小さな不具合も見逃さないようにして、なるべく早めに修理業者に見てもらうようにしましょう。

業者の選定は比較が大事

ピアノの修理費用は業者によって大きく異なりますので、複数の業者に見積もりを取ることは重要です。修理業者の中には、まだ使える部品があるのに、すべて交換しようとしたり、ピアノ自体を買い替えさせようとする業者もいます。また、技術がない業者の場合は、かえって不具合が拡大したり、ピアノの寿命を縮めかねないために選定は慎重に行なった方が良いでしょう。

専門業者の依頼で多い質問

何十年も調律をしていないピアノですが、使えますか?

丁寧に作られたピアノであれば、簡単には壊れませんが、調律した時にピアノの弦に新たな張力が加わって、断線する可能性もあります。ピアノを置いていた環境によっては、湿度などの影響で劣化している可能性もありますので、まずは状態を診断してもらうことから始めましょう。

ピアノの鍵盤が戻らない箇所がありますが、直りますか?

鍵盤と鍵盤の間に異物が入っているケースが考えられます。解体して、鍵盤を外し、異物を取り除くことが必要になります。また、湿気が原因でフェルトが膨張し、動きが悪くなるケースもありますが、この場合にも解体して、鍵盤の調整を行なうことで解決します。

ピアノに傷が付いてしまったのですが、直せますか?

大抵の修理業者では、ピアノのクリーニングも行なっており、傷を修復したり、塗装して綺麗に直すことが可能になっています。費用は傷の程度によって異なってきますので、事前に見積もりを取って確認することができるでしょう。

広告募集中